生命保険表情

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 糖尿病や高尿酸血症の共通項がメタボ

糖尿病や高尿酸血症の共通項がメタボ

尿酸の結晶はただ沈着しているだけでは痛風の発作が起こる訳ではないのです。

発作が起こる条件としてあげられるのは、心身にストレスが強くかかる動作や運動、著しい尿酸値の変化などが引き金となり、関節に付着していた尿酸の結晶が剥がれ落ちたときです。

 

 

 

耐えがたい痛みの原因は、剥離した結晶を白血球が異物と認識して排除するための活動に伴う炎症反応です。

 

痛風になった人の男性が占める割合は約95%になります。

ですが女性は女性ホルモンの働きにより尿酸の排泄が良く、男性との発症率を比較した場合かなり低く抑えられています。ところが、閉経後にはホルモンの働きが減少し、尿酸値は上がりはじめます。こうような経緯から、痛風になる女性はほとんどが閉経後の人です。脂肪が増えすぎてしまった人は、脂肪を徐々に落としていきましょう。

 

 

サイクリングなどの有酸素運動を上手に取り入れて徐々に脂肪を落としてみましょう。

また、筋肉を増やすことで基礎代謝が上がるため、さらに脂肪が燃えやすい体になっていきます。

 

また最低限必要な栄養までも不足するようなダイエットは体に大きな負担がかかり支障がでることもあるので控えましょう。

尿酸値とは血液に含まれている尿酸の濃度を示し、一般的には男性の方が多い傾向にあるようです。

 

これは女性の場合にはエストロゲン(分泌量が減ることで、更年期障害が起こるといわれています)(女性ホルモン)の作用により、尿酸の体外排出が促されているためで、更年期にさしかかるとこの作用が減少するので尿酸値が上昇しはじめるのです。

 

 

 

尿酸を排泄する働きをパワフルに向上してくれる飲み物に牛乳があげられます。

牛乳の成分のひとつであるカゼインが、体内にとりこまれてからアラニンになり、今回はこのアラニンが腎臓機能を正常な状態に近づけてくれます。

ただし努めて水を飲んだとしても、尿酸そのものが沢山出るのとは異なり、薄められた状態になるだけのようです。

 

尿酸値の上昇にストレスが関係するのははっきりとはしていませんが、腎臓は過度のストレスによって、尿酸の排出機能が落ちると言う事が考えられます。身体的、精神的ストレスによる体調不良(良くない行いをしている少年や少女を指すことが多いでしょう)は、広く知られていることです。

 

ストレスは癌の要因になるとも言われています。痛風のみならず病気の予防にはストレスへの対策をすると言う事が大事です。

 

正常な尿酸値に近づけるためには、無理な負担を体にかけない有酸素運動が良いとされています。

 

ウォーキングや自分に合ったペースでのジョギング、スイミングやサイクリングなどが該当します。それに対して短距離走、筋肉トレーニングといった無酸素運動ですとダイエットには効果があるようですが、急激に負荷のかかる運動は尿酸値を増やしてしまうので、尿酸値を下げたい方は有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

糖尿病や高尿酸血症、そして脂質異常症の患者を対象とした場合共通してみられる特質は、肥満とかメタボリックシンドロームの人が多いみたいです。肥満と2型糖尿病の診断を受けた人が減量すると血糖値が低下することがよくあるようですが、同じく、太り気味で尿酸値の高い人が体重を落した場合、尿酸値の減少を確認できるという報告が多くみ受けられます。尿酸値はサプリメントで下げることが可能か?